本ページには広告が含まれています。

Excel VBA 関数一覧

Excel VBA 関数一覧

Excel VBA の関数一覧表を設置しました。

スポンサーリンク

はじめに

いろいろな関数があるので、一覧から確認できるようにしておいた方が良いと思ったので設置することにしました。

設置にあたっては、関数名に「Microsoft Docs Office VBA Reference」の該当ページへのリンクを付けています。リンク先に詳細が掲載されていますのでご確認ください。

当サイトで記事にしているものについては、サイト内の掲載ページにリンクするように変更していきまたいと思います。

【関数一覧の使い方等】
・すべての関数が網羅されているわけではありませんのでご了承ください。
・一覧表の列見出し部分をクリックするとソートできるようにしています。
・分類については「関数 (Visual Basic for Applications)」の分類を参考にしました。

Excel VBA 関数一覧

※ 列見出しクリックで一覧表をソートできますのでご利用ください。
※ 関数名が太字の場合は、サイト内の解説記事へのリンクになっています。

No.分類関数名説明
1数学Abs渡された値と同じ型で値の絶対値を返します
2数学Atn数値のアークタンジェントを返します
3数学Cos角度の余弦(コサイン)を示す値を返します
4数学Expe(自然対数の底)を底とする
数値のべき乗を返します
5数学Fix数値の整数部分を返しますが、負数の場合は
数値以上の最初の負の整数を返します
6数学Int数値の整数部分を返しますが、負数の場合は
数値以下の最初の負の整数を返します
7数学Log数値の自然対数を表す Double値を返します
8数学Rnd擬似乱数を含む Single値を返します
9数学Sgn指定した数値の符号を示す値を返します
10数学Sin角度の正弦(サイン)を返します
11数学Sqr数値の平方根を示す Double値を返します
12数学Tan角度の正接(タンジェント)を返します
13変換Asc先頭の文字に対応する文字コードを返します
14変換Chr指定した文字コードに対応する文字を返します
15変換CVErrユーザー定義のエラーに対する
エラー番号を返します
16変換Format値を書式指定式の指示に従って書式設定した
Variant (String) を返します
17変換Hex数値を 16 進数で表した文字列で返します
18変換Oct数値を 8 進数で表した文字列で返します
19変換Str数値を文字列に変換します
20変換Val文字列に含まれる数字を数値に
変換して返します
21文字列FormatCurrencyシステムで定義された通貨記号を使用して、
通貨値として書式設定した文字列を返します
22文字列FormatDateTime日付または時刻で書式設定された
文字列を返します
23文字列FormatNumber数値として書式設定された文字列を返します
24文字列FormatPercentパーセンテージで書式設定(末尾に%記号付加)
された文字列を返します
25文字列InStr対象文字列内に指定文字列が存在するかを先頭
から検索し最初に見つかった位置を返します
26文字列InStrRev対象文字列内に指定文字列が存在するかを後ろ
から検索し最初に見つかった位置を返します
27文字列LCase文字列内の大文字アルファベットを
小文字に変換します
28文字列Left文字列の先頭から指定数分の文字列を返します
29文字列Len文字列の文字数を返します
30文字列LTrim文字列の先頭のスペースを取り除いて返します
31文字列Mid/MidB文字列の指定した位置から指定数分の
文字列を返します
32文字列Partition範囲内で指定数値が発生する場所を
文字列で返します
33文字列Replace文字列内の指定文字列を検索し置換します
34文字列Right/RightB文字列の右端から指定数分の文字列を返します
35文字列RTrim文字列の末尾のスペースを取り除いて返します
36文字列Space指定した数の半角スペースを返します
37文字列StrComp文字列を比較して結果を数値で返します
38文字列StrConv文字列を指定されたとおりに変換して返します
全角/半角、ひらがな/カタカナなど
39文字列String特定の文字を指定数分並べた文字列を返します
40文字列StrReverse指定文字列を逆順に並べた文字列で返します
41文字列Trim文字列の先頭と末尾のスペースを取り除きます
42文字列UCase文字列内の小文字アルファベットを
大文字に変換します
43日付時刻Date現在のシステム日付を返します
44日付時刻DateAdd指定した時間間隔を日付に加算して返します
45日付時刻DateDiff2つの指定した日付の時間間隔を
指定する期間の単位数で返します
46日付時刻DatePart日付を評価し、特定の時間間隔を返します
たとえば、曜日または現在の時間など
47日付時刻DateSerial数値で指定した年,月,日の
Variant(Date) を返します
48日付時刻DateValue日付文字列を日付 Variant(Date) に変換します
49日付時刻Day指定した日付の日を整数で返します
50日付時刻Hour指定した時刻の時間を整数で返します
51日付時刻Minute指定した時刻の分を整数で返します
52日付時刻Month指定した日付の月を整数で返します
53日付時刻MonthName数値で指定した月を示す文字列を返します
54日付時刻Now現在の日付と時刻を示す
Variant(Date) を返します
55日付時刻Second時刻の秒を整数で返します
56日付時刻Time現在の時刻を示すVariant(Date)を返します
57日付時刻Timer午前0時からの経過秒数をSingle値で返します
58日付時刻TimeSerial数値で指定した時,分,秒の時刻を含む
Variant(Date)を返します
59日付時刻TimeValue指定日時の時刻Variant(Date)を返します
60日付時刻Weekday指定した日付の曜日を整数値で返します
61日付時刻WeekdayName指定した曜日を示す文字列を返します
62日付時刻Year指定した日付の年を返します
72型変換CBool式を Boolean型に変換します
73型変換CByte式を Byte型 に変換します
74型変換CCur式を Currency型に変換します。
75型変換CDate文字列を日付型 (Date) に変換します
76型変換CDbl式を数値型 (Double) に変換します
77型変換CDec値を数値型 (Decimal) に変換します
79型変換CInt値を数値型 (Integer) に変換します
80型変換CLng値を数値型 (Long) に変換します
81型変換CSng値を数値型 (Single) に変換します
82型変換CStr値を文字列型 (String) に変換します
83型変換CVar式をバリアント型 (Variant)に変換します
84情報Error指定したエラー番号に対応する
エラーメッセージを返します
85情報IsArray配列かどうか判定し Boolean値を返します
86情報IsDate式が日付または時刻値として認識
されるかどうかを(Boolean)判別します
87情報IsEmpty変数が初期化されているかどうかを判定します
88情報IsError式がエラー値であるかどうかを判定します
89情報IsMissingオプションの Variant引数がプロシージャに
渡されたかどうかを判定します
90情報IsNull式に無効なデータ (Null) が含まれていないか
どうかを示す判定します
91情報IsNumeric式を数値として評価できるかどうかを判定します
92情報IsObject識別子がオブジェクトかどうかを判定します
93情報TypeName指定した変数の型名(文字列)を返します
94情報VarType変数のデータ型を示す数値(Integer)を返します
95配列Array配列を含む Variant を返します
96配列Filter指定されたフィルター条件に基づいて、
文字列配列の配列を返します
97配列Join配列の文字列を区切り文字で結合して
作成した文字列を返します
98配列LBound配列の最小インデックス(Long)を返します
99配列Split区切り文字で区切られた文字列を
配列にして返します
100配列UBound配列の最大インデックス(Long)を返します
101ファイルCurDir現在のパスを表す文字列を返します
102ファイルDir指定したファイルやフォルダまたはドライブ
のボリュームラベルを示す文字列を返します
103ファイルEOFRandomまたはシーケンシャルInputで開かれた
ファイルの末尾に達した場合Trueを返します
104ファイルFileAttrOpenステートメントで開かれたファイルの
ファイルモードを返します
105ファイルFileDateTimeファイルの作成日時または最終更新日時を示す
Variant(Date)返します
106ファイルFileLenファイルのサイズをバイト単位で返します
107ファイルFreeFileOpenステートメントで使用できる次の
ファイル番号を表すIntegerを返します
108ファイルGetAttrファイルまたはフォルダーの属性を表す
Integerを返します
109ファイルInput開かれたファイルから指定した文字数の
文字列を返します
110ファイルLoc開いているファイルの、現在の読み込み位置
または書き込み位置を返します
111ファイルLOFOpenステートメントで開いたファイルのサイズ
をバイト単位で表す値(Long)を返します
112ファイルSpcPrint#ステートメントまたはPrintメソッドと
共に使用して出力を配置します
113ファイルTabPrint#ステートメントまたはPrintメソッドと
共に使用して出力を配置します
114その他CallByNameオブジェクトのメソッドを実行するか、
オブジェクトのプロパティを設定するか返します
115その他Choose引数のリストから選択した値を返します
116その他CreateObjectActiveXオブジェクトへの参照を作成して返します
117その他DoEventsプログラムが占領している制御をOSに返します
118その他EnvironOSの環境変数に関連付けられたStringを返します
119その他GetAllSettingsレジストリから(SaveSettingで作成した) キー
設定のリストと各キー設定の値 を返します
120その他GetSettingレジストリ内のアプリケーションの情報から
指定のキー設定値を返します
121その他IIf式の評価(TrueまたはFalse)に基づいて
2つの部分に対応する値を返します
122その他IMEStatus現在の IMEモード の設定値を返します
123その他InputBoxダイアログボックスにプロンプトを表示し、
ユーザーが入力した文字列を返します
124その他MsgBoxダイアログボックスにメッセージを表示し、
ユーザーが選択したボタンを示す値を返します
125その他QBColor指定した色のインデックス番号に対応する
RGBカラーコードを表す整数(Long)値を返します
126その他RGBRGBカラーコードを表す整数(Long)値を返します
127その他Shell実行可能プログラムを実行し、成功した場合は
プログラムのタスク ID を返します
128その他Switch引数リスト(式と値のペア)を評価し、Trueと評価
される最初の式に関連付けられた値が返されます

おわりに

ひとまず一覧表を設置しました。関数名につけているリンク先URLは、今後変更していく予定です。

作っておこうと思った経緯は、サイト内で使用している関数やメソッドなどが煩雑のため、自分でも使いにくいと思ったからです。

この一覧表をもとにしてサイト内の整理をすすめていきたいと思います。

この一覧表が、少しでもみなさまのお役に立てたなら幸いです(^^;

スポンサーリンク

サイト内で使用したサンプルはダウンロードできます

ダウンロードページへトップリンクは下のカードクリックでジャンプできます。
よろしければご利用ください!