本ページには広告が含まれています。

Excel

Excel VBA関数

Excel VBA InStrRev関数 文字列を後ろから検索

Excel VBA InStrRev関数 対象文字列から指定文字列を後ろから検索して最初に見つかった位置を返す関数です。見つからなかった場合は「0」を返します。サンプルを使って引数による動作の違いやInStrRev関数との違いを解説します。
Excel VBA関数

Excel VBA InStr関数 文字列の位置を検索して返す

Excel VBA InStr関数 対象文字列から指定文字列を検索して最初に見つかった位置を返す関数です。見つからなかった場合は「0」を返します。検索モードの指定ができるのでサンプルを使って解説します。また、連続検索するサンプルコードも紹介
Excel VBA関数

Excel VBA Val関数 文字列の数字を数値に変換する

Excel VBA Val関数 引数の文字列から数字を数値に変換する関数です。使用例のコードでいろいろな変換をテストしています。引数の文字列を左から見ていって数値に変換できるところまでを変換してくれますが、文字列途中の数値は抽出できません。
Excel VBA関数

Excel VBA CStr関数 数値などを文字列型に変換する

Excel VBA CStr関数は引数の値を文字列型に変換する型変換関数です。使用例のコードを使っていろいろなデータ型の変換をテストしています。引数の値が「Null」の場合は「実行時エラー」となるので使用時には考慮する必要があります。
Excel VBA関数

Excel VBA Str関数 数値を文字列に変換する

Excel VBA Str関数は、引数の数値を文字列に変換します。戻り値の文字列はVariant型です。正数の戻り値の場合は先頭に半角スペース が入ります。負数の場合はマイナス記号が付きます。詳しくは使用例を使って解説しています。
Excel VBA関数

Excel VBA Hex関数 数値を16進数の文字列に変換する

Excel VBA Hex関数は、引数の数値を16進数の文字列に変換して返します。引数にはLong型の数値または数値の文字列を指定できます。引数に範囲外の値や数値以外の値を指定した場合エラーが発生します。使用例を使ってわかりやすく解説。
Excel VBA関数

Excel VBA CVErr関数 独自のエラー番号を設定する

Excel VBA CVErr関数は、セルで発生するエラーを判定したり、ユーザー定義関数を使って独自のエラー番号を設定することができます。CVErr関数の使い方についてコード例を使って解説していますので是非ご覧ください。
Excel VBA関数

Excel VBA Format関数 指定した書式の文字列を返す

Excel VBA の Format関数は、指定した書式に変換した文字列を返す関数です。引数で受け取った式(値)を「数値」「日付と時刻」「文字列」など、定義済みの書式やユーザー定義書式を使って、表示させたい書式に変換した文字列で返します。
Excel VBA関数

Excel VBA Chr関数で文字コードを文字に変換

Excel VBA Chr関数はShift_JISの文字コードを文字に変換します。ChrB関数は指定した文字コードに対応するバイトデータを示す文字列の値を返します。ChrW関数はUnicode(UTF-16)の文字コードを文字に変換します。
Excel VBA関数

Excel VBA Asc関数で文字コードを取得する

Excel VBA 文字コードを取得できるAsc関数、AscB関数、AscW関数についての解説です。Asc関数は引数の最初の文字コード(Shift_JIS)を返します。AscW関数はUnicode(UTF-16)、AscB関数はバイトデータを返します
Excel VBA関数

Excel VBA Rnd関数で疑似乱数を生成する

Excel VBA Rnd関数は疑似乱数を生成します。引数の使い方で「乱数を固定」することもできます。Rand関数の前にRandomizeステートメントを使ってシード値を初期化する方法や整数にする方法などをサンプルコードを使って解説します。
Excel VBA関数

Excel VBA Int関数とFix関数で整数を取得する

Excel VBAのInt関数とFix関数は数値の整数部分を取得する関数です。どちらも数値の小数部分を捨てて整数部分を返しますが、引数が「負の数」の場合、Int関数は小数部分を繰り上げ、Fix関数は小数部分を切り捨てる違いがあります。