VBA
12/1[木]23:59まで 7日間のビッグセール「ブラックフライデー」開催中!詳細はこちら ≫

VBA

Excel VBA

VBA Win32API 64ビット版Excel対応に修正

VBAで64ビット版のExcel(Office)でもWin32APIを動作させるためには修正変更が必要です。Win32API_ptrsafe.txtを使って修正する方法と32ビットと64ビット共用でどちらでも動作するようにする方法を解説。
7-zip32

VBA 64ビット版Excel対応 7-zip64.dll

VBAでExcelが64ビット版の環境でもZIPファイルを作成できるよう7-zip64.dllを使う方法と32ビットと64ビットどちらの環境でも動作できるようにする方法について解説。Win32APIの64ビット対応についても解説しています。
Excel VBA

Excel VBA 動的配列の書き込み先セル範囲を事前に調べる

Excel VBA でスピルする動的配列データをセル範囲に書き込む場合、事前に書き込み先のセル範囲を調べる必要があります。既存データは上書きされてしまったり、結合セルには一部のデータしか書き込みできません。その対応方法について解説します。
Excel VBA

Excel VBA Evaluateメソッドを使う方法について

Excel VBA Evaluateメソッドを使う方法についての解説です。Evaluateメソッドとはどういうものか基本の使い方と角括弧 [] を使った簡略書式についてを解説。スピルする動的配列数式や関数に使う場合の方法も解説しています。
Excel VBA

Excel VBA 動的配列には Range.Formula2

Excel VBA でスピルする動的配列数式や関数をセルに入力するには Range.Formula2 プロパティを使います。従来の Formula との違いや Excel のビルド番号を取得して使い分けを行う方法についても解説しています。
Excel VBA

Excel VBA XLOOKUP関数を使う方法

VBAでExcel新関数のXLOOKUP関数を使う方法です。XLOOKUP関数はスピル機能を有しているので戻り値範囲によって戻り値は「動的配列」となることをサンプルを使って解説しています。記事で使った簡単なサンプルファイルを登録しています。
ユーザーフォーム

Excel VBA プログレスバーを動的に作成>表示>廃棄する

Excel VBA プログレスバーを動的に作成して表示させ、完了後に削除(廃棄)する方法の解説です。動的に作成したUserFormをフォーム名を代入した変数を使って起動させます。CodeModuleへの書き込み方法などを詳しく解説しています
ユーザーフォーム

Excel VBA プログレスバーをラベルで代用表示させる方法

Excel VBA プログレスバーを標準コントロールのラベルで代用表示させる方法の解説です。「プログレスバーコントロール」は使わずにバーはラベル、枠にフレームを使い、枠内の色付きのラベルWidthを進捗に応じて増加させて表現する設定です。
ユーザーフォーム

Excel VBA UserForm パスワード生成管理ツール

Excel VBA UserForm 設定シートの値で起動・終了時の動作を変更できるようにする方法を設定。UserForm 終了時に Excel も終了させる詳しい方法がわかります。この記事で「PW設定管理ツール」の最終調整を行い無事完成!
ユーザーフォーム

Excel VBA UserForm表示中のブック表示設定を検証

UserForm を表示する際に VBA でExcelを非表示にする方法とリスクや注意点などを解説。リスクを回避するなら Excel を UserForm の後ろに隠しておく方法もおすすめです。その方法についても詳しく解説しています。
ユーザーフォーム

VBA UserForm の表示位置を指定する方法

VBA で UserForm の表示位置を指定する方法の解説です。基本は StartUpPositionプロパティで指定しますが、前回と同じ場所に表示させる方法を詳しく解説しながら、シートに設定を保存する方法なども解説しています。
ユーザーフォーム

Excel VBA UserForm を表示する方法/閉じる方法

Excel VBA UserForm の開き方と閉じ方について解説しています。モダールとモードレスの違い。ShowとLoadの違い。UnLoadで終了する場合と「×」で閉じないようにする方法や閉じる際のイベントについても解説しています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました