本ページには広告が含まれています。

VBA

Excel VBA関数

ExcelVBA Weekday 関数 日付の曜日を整数値で返す

ExcelVBA Weekday関数は、指定された日付の曜日を表す整数 Variant (Integer) を返します。関数の構文や引数の設定などについて詳しく解説します。、サンプルでは戻り値の整数を曜日文字列に変換する一例も紹介しています
Excel VBA関数

ExcelVBA MonthName関数 月を示す文字列を返す

ExcelVBA MonthName 関数は、指定された数値に対応する月を表す文字列を返します。1~12 の範囲の数値を引数として受け取り、対応する月を表す文字列を返します。月名を表示するかどうかはオプションで指定することができます。
Excel VBA関数

ExcelVBA TimeValue関数 日時から時刻だけ返す

ExcelVBA TimeValue 関数は、文字列で表された日時をシリアル値に変換する際に、シリアル値の小数(時刻)部分だけを返します。例えば TimeValue("2024/07/11 9:23:54") は 9:23:54 を返します。
Excel VBA関数

ExcelVBA TimeSerial関数 時分秒から時刻を返す

ExcelVBA TimeSerial 関数は、時,分,秒を表す3つの数値からシリアル値 Variant (Date) を返します。TimeSerial 関数の構文や引数の設定など、サンプルコードを使って実際の使い方を解説しています。
Excel VBA関数

ExcelVBA Timer 関数 午前0時からの経過秒数を返す

ExcelVBA Timer 関数は、システムの午前0時からの経過秒数を表す単精度浮動小数点数型 (Single) の値を返します。Timer 関数は開始計測から終了計測の誤差で経過時間を算出してマクロの実行制御などに利用したります。
Excel VBA関数

ExcelVBA Time 関数 現在の時刻を示す値を返します

ExcelVBA Time 関数は、システムの現在時刻を示す値 Variant (Date) を返します。戻り値は時刻が格納された小数以下のシリアル値です。サンプルコードを使って Time 関数の戻り値や使用例などを解説します。
Excel VBA関数

ExcelVBA Now 関数 現在の日付時刻を示す値を返します

ExcelVBA Now 関数 システムの現在日時を示す値 Variant (Date) を返します。戻り値は日付時刻が格納された小数を含むシリアル値です。整数部分が日付で時刻は小数以下に格納されています。サンプルコードを使って使用例を解説
Excel VBA関数

ExcelVBA Second関数 指定時刻の秒を整数で返します

ExcelVBA Second関数は、指定時刻の秒を表す 0~59 の範囲の整数値 Variant (Integer) を返します。使用例サンプルコードでは、Second関数の指定時刻を増減した結果によって動作を確認しています。
Excel VBA関数

ExcelVBA Minute関数 指定時刻の分を整数で返します

ExcelVBA Minute関数は、指定時刻の分を表す 0~59 の範囲の整数値 Variant (Integer) を返します。使用例サンプルコードでは、Minute関数の指定時刻を増減した結果によって動作を確認しています。
Excel VBA関数

ExcelVBA Hour関数 指定した時刻の時を整数で返します

Excel VBA の Hour 関数は、指定した時刻の時を示す 0~23 の範囲の整数値 Variant (Integer) を返します。使用例サンプルでは、時間のシリアル値を増減して Hour 関数の動作を確認しています。
Excel VBA関数

ExcelVBA Year関数 指定日付の年を整数で返します

Excel VBA の Year 関数は、指定した日付の年を示す整数値 Variant (Integer) を返します。返される年は西暦の年です。使用例のサンプルコードを使って Year 関数の動作を確認しています。
Excel VBA関数

ExcelVBA Month関数 指定した日付の月を整数で返す

Excel VBA の Month 関数は、指定した日付の月を示す整数値 Variant (Integer) を返します。月を示す整数値とは、1~12 の範囲の月番号のことです。使用例サンプルでMonth関数の動作を確認しましょう。