ユーザーフォーム

Excel VBA プログレスバーをラベルに置き換えて表現する

Excel VBA プログレスバーコントロールを使用していたコードをラベルで代用表現するようにコードを変更します。動的に作成・表示するためVBEを操作できるようにするための参照設定とトラストセンターの設定を解説。サンプルのDLが可能です。
ユーザーフォーム

Excel VBA プログレスバーを動的に作成>表示>廃棄する

Excel VBA プログレスバーを動的に作成して表示させ、完了後に削除(廃棄)する方法の解説です。動的に作成したUserFormをフォーム名を代入した変数を使って起動させます。CodeModuleへの書き込み方法などを詳しく解説しています
ユーザーフォーム

Excel VBA プログレスバーをラベルで代用表示させる方法

Excel VBA プログレスバーを標準コントロールのラベルで代用表示させる方法の解説です。「プログレスバーコントロール」は使わずにバーはラベル、枠にフレームを使い、枠内の色付きのラベルWidthを進捗に応じて増加させて表現する設定です。
ユーザーフォーム

Excel VBA ユーザフォームを使う時だけ動的に作成する

Excel VBA ユーザフォームを使う時だけ動的に作成し、不要になったら解放する方法を解説しています。VBEオブジェクトのVBAProjectにVBComponent.Addメソッドを使ってUserFormを追加。Removeで解放します
ユーザーフォーム

Excel VBA UserForm パスワード生成管理ツール

Excel VBA UserForm 設定シートの値で起動・終了時の動作を変更できるようにする方法を設定。UserForm 終了時に Excel も終了させる詳しい方法がわかります。この記事で「PW設定管理ツール」の最終調整を行い無事完成!
ユーザーフォーム

Excel VBA UserForm表示中のブック表示設定を検証

UserForm を表示する際に VBA でExcelを非表示にする方法とリスクや注意点などを解説。リスクを回避するなら Excel を UserForm の後ろに隠しておく方法もおすすめです。その方法についても詳しく解説しています。
ユーザーフォーム

VBA UserForm の表示位置を指定する方法

VBA で UserForm の表示位置を指定する方法の解説です。基本は StartUpPositionプロパティで指定しますが、前回と同じ場所に表示させる方法を詳しく解説しながら、シートに設定を保存する方法なども解説しています。
ユーザーフォーム

Excel VBA UserForm を表示する方法/閉じる方法

Excel VBA UserForm の開き方と閉じ方について解説しています。モダールとモードレスの違い。ShowとLoadの違い。UnLoadで終了する場合と「×」で閉じないようにする方法や閉じる際のイベントについても解説しています。
ユーザーフォーム

VBA Workbook_OpenとAuto_Openの違い

Excel VBA Excelブックの起動時にマクロを自動実行させたい場合はWorkbook_OpenイベントプロシージャまたはAuto_Openプロシージャを使います。二つの違いとそれぞれの使用方法と注意点を比較、解説しています。
ユーザーフォーム

VBA「PW設定ツール」に新機能を追加しました

Excel VBA UserForm「PW設定ツール」にNow関数で登録日時を保存する設定を追加。「設定シート」で表示しているデータの削除機能を追加。ボタンクリックイベントでMsgBoxのレスポンスから登録と削除に処理を分岐させるように設定
ユーザーフォーム

VBA ListBox 選択データをRowSourceで削除する

ListBox の選択データと元データが一緒に削除されるGIF画像
ユーザーフォーム

VBA ListView の表示データと元データを同時に削除する

Excel VBA UserFormに設置したListViewから表示データを削除する方法と同時に元データのセル範囲該当行データも一緒に削除する方法がわかります。データの特定にFindメソッド、行削除にEntireRow.Deleteを使用
スポンサーリンク
\(この記事をシェアする)/