Excelワークシート関数の解説

Excelワークシート関数の解説

Excelワークシート関数

TEXTJOIN 関数 文字列連結で区切り文字挿入するならこれ

TEXTJOIN 関数は、文字列連結の「区切り文字」を指定できる新しい関数です。CONCAT関数などの上位版とも言えるでしょう。区切り文字にCHAR(10)で改行を指定する方法や異なる区切り文字を指定する方法なども解説しています。
Excelワークシート関数

CONCAT 関数 文字列の連結をセル範囲で指定できる

CONCAT 関数は、セルの文字列連結をセル範囲で指定できる新しい関数です。CONCATNATE関数の上位版です。セル範囲で指定できるようになったことで効率化されました。その使い方について使用例を複数提示して説明しています。
Excelワークシート関数

SWITCH 関数 値に対応する結果を返す新しい条件分岐

SWITCH 関数は、検索対象の値に対して指定した複数の値を評価し、最初に一致した値に対応する結果を返します。IFS 関数と同じくExcel2019で追加された条件分岐できる新しい関数です。使用例を使ってIFS関数との違いなども解説します。
Excelワークシート関数

IFS 関数 複数条件をネストなしで判定できます

IFS 関数 なら複数条件をネストなしで判定できます。IFS 関数はExcel 2019で追加された関数です。従来の IF関数の入れ子(ネスト)を使った複数条件の設定が分かりづらいと感じている方にはお勧めです。IFS関数の使い方法の解説です。
Excelワークシート関数

MAXIFS/MINIFS 関数 複数条件で最大値/最小値を取得

MAXIFS 関数 / MINIFS 関数について関連しているので二つ一緒に紹介します。複数の条件からMAX[最大値] / MIN[最小値]を求めることができる新しい関数です。複数条件の設定方法など使用例を使って詳しく解説しています。
Excelワークシート関数

LET 関数 名前に数式や値を定義して関数内で再利用する

LET 関数について使用例を使って解説します。LET 関数は数式内で「名前」を定義して関数内で変数のように使える関数です。「名前の値」には値やセル範囲のほか数式とその計算結果を指定することができます。数式の簡略化とパフォーマンスが向上します
Excelワークシート関数

RANDARRAY 関数 乱数の配列をスピルで返す

RANDARRAY 関数は乱数の配列をスピルで返します。RANDARRAY 関数のいろいろな使用例を使って解説しています。SORTBY 関数を併用することで指定範囲のデータをランダムに並べ替える方法についても解説しています。
Excelワークシート関数

SEQUENCE 関数 連続した数値の配列を生成する

SEQUENCE 関数は連続した数値の配列をスピル機能で生成します。いろいろな使用例を使って SEQUENCE 関数の動作を検証しています。オートフィルなどで作成していた連続データの作成を開始セルに設定した関数だけで生成することができます。
Excelワークシート関数

XMATCH 関数 セル範囲(配列)から検索値の相対位置を返す

XMATCH 関数についていろいろな使用例を使って解説します。XMATCH関数は従来のMATCH関数の上位版なので、その違いについても解説しています。ワールドカードの使用例やエラーを表示させない方法なども紹介しています。
Excelワークシート関数

UNIQUE 関数 セル範囲から一意の値を取り出す

UNIQUE 関数はセル範囲から重複しているデータを比較して一意のユニークデータを返してくれます。また、重複していない出現回数が1回だけのデータを取り出すこともできます。使用例では、SORT関数やFILTER関数と合わせて使用する方法も解説
Excelワークシート関数

SORTBY 関数 複数の基準を同時に指定して並べ替える

SORTBY 関数は複数の基準を同時に指定して並べ替えることができます。また、範囲と基準が離れていても並べ替えできるので必要な列や行だけ取り出すことも可能です。ただし「基準」は範囲で1列または1行で指定する必要がある点が特徴です。
Excelワークシート関数

SORT 関数 指定範囲のデータを並べ替えてスピル配列で取り出す

SORT 関数は指定範囲のデータを並べ替えてスピル配列で取り出すことができます。SORT関数の使い方を「日本百名山」リストを使って解説しています。TEXT列「漢字」を並べ替える場合の注意点や複数の基準列で並べ替えする方法も紹介しています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました