全記事一覧(新着順)

Excel VBA 消せない外部リンクの削除をサポートするツール
Excel VBA で消せない外部リンクの削除をサポートするためのツールを作成してみました。XMLファイルを ADODB.Stream で UTF-8形式のテキストとして読み込んでテキスト内の #REF! を検索してカウントするツールです。
Power Pivot 計算領域にメジャーを作成して利用する方法
Excel Power Pivot で [計算領域] にメジャーを作成して利用する方法の解説です。「オートSUM」で作成、「数式バー」で手動作成、「メジャーダイアログボックス」を使って作成について解説しています。メジャーの利点がわかります。
Power Pivot 「計算列」を追加・作成して利用する方法
Excel Power Pivot で「計算列」を追加・作成してリレーションシップされた別テーブルのデータを利用する方法の解説です。DAX関数のRELATED関数を使って別のテーブルから関連する値を含む列を指定して取得します。
Excel VBA Power Query クエリ作成汎用ツール
Excel VBAで PowerQuery の [フォルダーから] と [ファイルから] データ取得する基本クエリを作成する汎用ツールを作成しました。ActiveWorkbook.Queries.Add でMコードを使ってクエリを作成します
VBA で PowerQuery サポート無しでフォルダー取得クエリ作成
Excel VBAで PowerQuery のフォルダーから取得クエリをサポートクエリ無しで作成します。カスタム列を使ってファイル変換する方法のMコードを使ってVBAでクエリを作成します。パラメーターを使うため汎用で使用することが可能です。
Excel Power Query コピーと複製・参照の使い分け
Excel Power Query で苦労して作成したクエリを有効活用するには、コピーと複製・参照の機能を使い分ける必要があります。状況に応じて使い分けることで効率アップを図ることができます。それぞれの違いや使いどころについて解説します。
VBAでPowerQueryとピボットテーブルの更新を制御する
Excel VBAで PowerQuery と ピボットテーブルの更新を制御する方法の解説です。更新する順番を制御する方法について詳しく解説しています。この方法で [すべて更新]を実行しても更新されない部分が発生するケースを改善できます。
PowerPivot データモデルをリレーションシップで結合する
Excel PowerPivot でデータモデルにリレーションシップを設定する方法とピボットテーブルでリレーションシップを結合する手順を紹介しながら、その方法や注意点などを解説しています。データモデルの使用で無駄なメモリ消費を回避しましょう
Excel VBA 別ブックの保護されたワークシートを一括解除
Excel VBA 別ブックの保護されたワークシートを一括解除するためのミニツールです。別ブックの指定はApplication.InputBox Type:=8 を使います。マクロを設定できないブックを対象にする場合にちょっと使えます。
Power Query Power Pivot アドインの有効化
Excel Power Query Power Pivot を使用するにはアドインを有効化する必要があります。Power Pivot for Excel アドインの有効化方法とピボットテーブルの作成手順について解説しています。
Excel Power Query Date 列から曜日列を作成
Excel Power Query Date 列からDate関数を使って曜日列を作成する方法について解説しています。Date.ToText関数やDateOfWeekName関数を使用して曜日の表示フォーマットの設定方法も解説しています。
Excel Power Query index列で最新データ取得
Excel Power Query フォルダー内のファイルから最新のデータ1つだけ取得してい場合、インデックス列を利用したフィルターでファイルを抽出します。その方法の解説です。絞り込んだファイルの展開方法でヘルパークエリ無しも紹介しています
Power Query フィルターをパラメーターで変更可能にする
Excel Power Query フィルターをパラメーターで変更できるようにする方法についての解説です。パラメーターテーブルから作成したカスタム関数を利用してパラメーター値を設定しています。Mコードの書き換え方法等を解説しています。
Excel Power Query ソースをフィルターで絞り込む
Excel Power Query フォルダーからデータを取得する際に[ソース]ステップでフィルターをかけてデータを絞り込む方法を解説しています。[ソース]プレビューの列構成でフィルターできる列の検証やサンプルを使って実際の設定方法を確認。
Excel Power Query フォルダーの設定・管理方法
Excel Power Query フォルダーからデータを取得する場合の設定・管理方法について整理・確認しました。設定方法を工夫することでより汎用的・効率的にすることができます。パラメーターテーブルを利用する方法などについても詳しく解説。
Excel Power Query カスタム関数の作成(その2)
Excel Power Query カスタム関数の作成についての解説第2回目です。複数の値を持つパラメーターテーブルからカスタム関数を作成する方法とカスタム関数を利用して値設定する方法についてサンプルを利用して詳しく解説しています。
Excel Power Query カスタム関数の作成(その1)
Excel Power Query カスタム関数を作成して利用する方法の解説第1回目です。単純なカスタム関数の作成方法をテーブルに表示された自ブックの CurrentPath を取得する設定で解説。カスタム関数の呼び出し方法についても解説。
Excel Power Query テーブルからパラメーター作成
Excel Power Query テーブルのデータからパラメータークエリを作成して利用する方法の解説です。パラメータークエリ利用時のプライバシーレベル変更についても解説しています。テーブルデータを変数に代入する方法と比較検証もしています。
Excel Power Query 自ブックのパスを使う方法
Excel Power Query 自ブックのパスを取得してテーブルにセットすることで ソース の設定などがをやりやすくなります。CELL 関数で取得して、必要な文字列をLEFT関数とFIND関数で抜き出す方法とその活用法を勉強しています。
Excel Power Query ソース 設定にテーブルを使用
Excel Power Query ソース の指定・変更をテーブルで行う方法について解説しています。Power Query M言語の Excel.CurrentWorkbook()式を使ってテーブルのデータを取得して使用する方法です。