本ページには広告が含まれています。

新着記事一覧(新着順20件)

kurumico.com
スポンサーリンク

新着記事20件を一覧で新着順に表示

ExcelVBA DateSerial関数 年月日から日付を返す
Excel VBA の DateSerial 関数は、年,月,日を表す3つの数値から日付シリアル値 Variant (Date) を返します。使い方をサンプルコードを用いて解説。日付シリアル値はFormat関数でさまざまな変換が可能です。
Excel VBA DatePart関数 日付の時間間隔を返す
Excel VBA DatePart関数は指定日付の時間間隔を返します。関数の構文や引数の設定や実際の使い方についてサンプルコードを使って具体的に解説します。例えば指定日付が年の通算何週目にあたるのかなどを表示させたりすることができます。
Excel VBA DateDiff関数 2つの日時の間隔を返す
Excel VBA DateDiff関数は、2つの日時の間隔を指定する単位の数を計算して返します。関数の構文や引数の設定など実際の使い方についてサンプルコードを使って解説します。「日付リテラル」の使用や二重引用符で指定した場合の違いも解説
ExcelVBA DateAdd関数 日時に期間を加算して返す
Excel VBA DateAdd 関数は、任意の日付や時刻に、指定した日付や時間の間隔を加算して返します。 設定した指定の日付や時刻に、時間や日数、月数、年数などを加えたり、差し引いたりする方法についてサンプルコードを使って解説します。
Excel VBA Date関数 現在のシステム日付を返します
ExcelVBAのDate関数は、現在のシステム日付を返します。Date関数は引数がありません。戻り値のデータ型はVariant(Date)で"yyyy/mm/dd"の形式で表示されます。Dateの中身がシリアル値であることをサンプルで確認
ExcelVBA StrReverse関数 文字の並びを反転する
Excel VBA StrReverse関数は文字列の文字の並び順を逆に並べた文字列を返します。関数の構文と使い方について、サンプルコードを使って解説します。文字列 "ABC" なら "CBA" のように逆順に並べ替えた文字列にして返します
Excel VBA StrComp関数 文字列の比較結果を返す
Excel VBA StrComp関数は文字列を比較してその結果を数値で返す関数です。関数の構文や使い方について、サンプルコードを使って解説します。比較モードの違いやどの文字が相違していたのかを確認する方法についてもサンプルを使って解説。
Excel VBA String関数 文字を指定数分並べて返す
Excel VBA String関数は文字を指定数分並べて返す文字列操作関数です。関数の構文や使い方について、サンプルコードを使って解説します。Space関数は半角スペース限定で返しますが、String関数は指定した文字を指定数で返します。
Excel VBA Space関数 指定した数のスペースを返す
Excel VBA Space関数は指定した数の半角スペースを返します。関数の構文や使い方について、サンプルコードを用いて詳しく解説します。特に全角と半角が混在している文字列を固定長に揃えるための方法も書いていますので是非ご覧ください。
Excel VBA Replace関数 指定文字列を置換する
Excel VBA Replace関数は対象文字列内の指定文字列を別の文字列に置き換えます。関数の構文や使用方法について、サンプルコードを用いて解説しています。文字列以外に空白文字や改行コード(制御文字)を削除したりする方法も解説しています
Excel VBA Trim関数 文字列の先頭と末尾の空白を削除
Excel VBA Trim関数 文字列の先頭と末尾の空白を取り除きます。関数の構文や使用方法について、サンプルコードを用いて解説します。セルの「氏名」データから「姓」と「名」を分割して別セルに書き出す際にTrim関数を使うサンプルです。
Excel VBA RTrim関数 文字列末尾の空白を削除する
Excel VBA RTrim関数 文字列末尾(右側)の空白を取り除きます。関数の構文や使用方法について、サンプルコードを用いて解説します。セルの「氏名」データから「姓」と「名」を分割して別セルに書き出す際にRTrim関数を使うサンプルです
Excel VBA LTrim関数 文字列先頭の空白を削除する
Excel VBA LTrim関数 文字列先頭(左側)の空白を取り除きます。関数の構文や使用方法について、サンプルコードを用いて解説します。セルの「氏名」データから「姓」と「名」を分割して別セルに書き出す際にLTrim関数を使うサンプルです
Excel VBA Mid関数 指定位置から文字列を抽出する
Excel VBA Mid関数/MidB関数は対象文字列の指定位置から指定数の文字列を取得します。関数の構文や使用方法について、サンプルコードを使って解説します。セルの氏名データから「姓」と「名」を別セルに書き出すサンプルも紹介しています。
Excel VBA Right関数 文字列右端から指定数の文字取得
Excel VBA Right関数は対象文字列の右端(最後)から指定数の文字を取得します。関数の構文や使用方法について、サンプルを使って解説しています。セルの氏名データから名前部分を別セルに書き出すサンプルも紹介しています。
Excel VBA Len関数 文字数またはバイト数を返す
Excel VBA Len関数は、指定した文字列の文字数または指定した変数に必要なバイト数を表す長整数型 (Long) の値を返します。文字列の処理や制御を行う際に役立つ関数です。バイト数を返すLenB関数についてもあわせて解説しています。
Excel VBA Left関数 文字列左端から指定数の文字取得
Excel VBA Left関数は対象文字列の左端から指定数の文字を取得する関数です。詳しい使い方をサンプルコードで解説します。LeftB関数との比較やセルに入力されているデータから必要なデータを取得する方法などについても解説しています。
Excel VBA StrConv関数 文字列を指定文字種に変換
Excel VBA StrConv関数は、文字列を指定文字種に変換する文字列操作関数です。「大文字/小文字」「カタカナ/ひらがな」「全角/半角」など引数に指定した文字種に変換します。詳しい変換例は、サンプルコードを使って解説しています。
Excel VBA UCase関数 小文字(英字)を大文字に変換
Excel VBA UCase関数は、小文字のアルファベットを大文字アルファベットに変換する文字列操作関数です。引数の文字列内のに存在する小文字アルファベットだけを大文字に変換します。サンプルコードを使って、変換例を詳しく解説します。
Excel VBA LCase関数 大文字(英字)を小文字に変換
Excel VBA LCase関数はアルファベットの大文字を小文字に変換する文字列操作関数です。引数の文字列内の大文字アルファベットだけを小文字に変換します。サンプルコードを使って、実際の変換例を詳しく解説しています。


★★★ ブログランキング参加中! クリックしてね(^^)/ ★★★

スポンサーリンク

★仕事で使えるExcelVBAツール等 のまとめ紹介記事

★ダウンロードページへのリンク★