2/2(木)9:00~2/5(日)23:59まで 「タイムセール祭り」ポイントアップキャンペーン開催中!詳細はこちら ≫

新着記事一覧(新着順20件)

kurumico.com
スポンサーリンク
スポンサーリンク

新着記事20件を一覧で新着順に表示

WRAPROWS関数/WRAPCOLS関数 折り返して配列を作成
WRAPROWS関数/WRAPCOLS関数は1行/1列のセル範囲を指定要素数で折り返した新しい配列を作成します。関数の引数の解説や基本的な利用例を解説。あわせて、他の関数を組み合わせて使用する例についても紹介しています。
TOROW 関数 セル範囲(配列)を横1行の配列で返す
TOROW 関数は、セル範囲(配列)を横1行の配列に変換して返す関数です。引数の設定によって「空白」や「エラー」のセル(配列要素)を削除してくれます。単独での使用もできますが、いろいろな関数と組み合わせて活用できるのではないでしょうか。
TOCOL 関数 セル範囲(配列)を縦1列の配列で返す
TOCOL 関数は、セル範囲(配列)を縦1列の配列に変換して返す関数です。引数の設定によって「空白」や「エラー」のセル(配列要素)を削除してくれますので、単独での使用もできますが、いろいろな関数と組み合わせて活用できるのではないでしょうか。
VSTACK 関数 セル範囲(配列)を垂直方向に連結して返す
VSTACK関数は、複数のセル範囲(配列)を縦方向に連結して新しい配列を返す関数です。使用例を使って具体的な連結方法やエラー表示などの対処法について解説しています。他の関数からVSTACK関数の結果を引数として使用する例も少し解説しています
HSTACK 関数 セル範囲(配列)を水平方向に連結して返す
HSTACK関数は、複数のセル範囲(配列)を水平方向に連結して新しい配列を返す関数です。使用例を使って、具体的な連結方法やエラー表示などの対処法について詳しく解説しています。他の関数からHSTACK関数の結果が引数として使用できます。
EXPAND関数 セル範囲(配列)を指定サイズに拡張して返します
EXPAND関数は、配列(セル範囲)を指定サイズに拡張して新しいセル範囲(配列)を返します。拡張した部分の要素(セル)に表示する値を引数で設定することができます。設定しない場合は #N/A が表示されます。
TAKE関数 配列の先頭または末尾から指定の行数と列数を取り出す
TAKE関数 セル範囲(配列)の先頭または末尾から指定の行数と列数を取り出して新しいセル範囲(配列)を返す関数です。取り出した配列は他の関数と組み合わせて利用できます。DROP関数と組み合わせて柔軟にデータを抜き出す事例を紹介しています。
DROP関数 配列の先頭または末尾から指定の行数と列数を除外する
DROP関数 セル範囲(配列)の先頭または末尾から指定の行数と列数を除外したセル範囲(配列)を返す新しい関数です。ヘッダー部やフッター部の不要な行や、必要のない列を除外したい場合に便利です。取り出した配列は他の関数と組み合わせて利用できます
CHOOSEROWS関数 配列(セル範囲)から行を選んで取り出す
CHOOSEROWS 関数は、配列(セル範囲)から行を選んで取り出すことができる新しい関数です。行数の多い巨大表からほしい行だけ指定して簡単に抽出できます。また、行の順番を並べ替えたりすることもコピペをせずに関数で簡単にできるようになります
CHOOSECOLS関数 配列(セル範囲)から列を選んで取り出す
CHOOSECOLS 関数は、配列(セル範囲)から列を選んで取り出すことができる新しい関数です。横に長い巨大な表からほしい列だけ指定して簡単に抽出できます。また、列の順番を並べ替えたりすることもコピペをせずに関数で簡単にできるようになります
TEXTBEFORE関数 指定した文字より前の文字列を返す
TEXTBEFORE関数は、対象文字列を指定した区切り文字または文字列より前の文字列を返します。これは、TEXTAFTER関数と反対です。構文や引数などを詳しく解説します。Microsoft365の最新ExcelとWeb版で使用可能です。
TEXTAFTER関数 指定した文字より後の文字列を返す
TEXTAFTER関数は、2022年8月下旬に一般公開された文字列操作関数です。TEXTAFTER関数は対象文字列を指定した区切り文字または文字列より後の文字列を返します。Microsoft365の最新ExcelとWeb版で使用可能です。
Excel 新関数一覧「2022年8月」アップデートで一般公開
Excel 新関数 2022年8月アップデートで一般公開された高機能な新関数の概略一覧を紹介します。詳しい使用方法などについては別途作成るる記事へのURLリンクを設定してインデックスとしてご利用いただければと思います。
TEXTSPLIT関数 区切り文字でテキストを列と行に分割できる
TEXTSPILIT関数は、2022年8月下旬に一般公開された文字列操作関数です。TEXTSPILIT関数は文字列を指定した区切り文字で列と行に分割して、セルにスピル表示します。Microsoft365の最新ExcelとWeb版で使用可能。
VALUETOTEXT関数 単一セルの値を文字列として返す
VALUETOTEXT関数は、一つのセル値(VALUE)を一つの文字列(TEXT)として返します。ARRAYTOTEXT関数が配列(セル範囲)が対象ですので、その「単一セル」版です。各種セル値の違いによる動作の違いを例示して解説しています。
ARRAYTOTEXT関数 配列(セル範囲)を文字列に変換する
ARRAYTOTEXT関数は配列(セル範囲)を文字列に変換する文字列関数です。引数の[書式]の設定で返す文字列の形式を指定できます。単純なカンマ区切りの形式か配列定数の形式で出力することができます。出力された文字列はいろいろなものに活用可能
LAMBDA 関数 VBAなしでカスタム関数を作成できる
LAMBDA(ラムダ)関数は、Excelブック内でよく使う数式の設定をVBAを使わずカスタム関数(ユーザー定義関数)として作成し、再利用できるようにする関数です。「名前定義」でLAMBDA関数で定義したを式を登録して作成する方法を解説します
VBA Win32API 64ビット版Excel対応に修正
VBAで64ビット版のExcel(Office)でもWin32APIを動作させるためには修正変更が必要です。Win32API_ptrsafe.txtを使って修正する方法と32ビットと64ビット共用でどちらでも動作するようにする方法を解説。
VBA 64ビット版Excel対応 7-zip64.dll
VBAでExcelが64ビット版の環境でもZIPファイルを作成できるよう7-zip64.dllを使う方法と32ビットと64ビットどちらの環境でも動作できるようにする方法について解説。Win32APIの64ビット対応についても解説しています。
TEXTJOIN 関数 文字列連結で区切り文字挿入するならこれ
TEXTJOIN 関数は、文字列連結の「区切り文字」を指定できる新しい関数です。CONCAT関数などの上位版とも言えるでしょう。区切り文字にCHAR(10)で改行を指定する方法や異なる区切り文字を指定する方法なども解説しています。

サブサイト「tweb.tokyo」の紹介

当サイトは、Excel VBAに関する記事をメインに2020年4月から運営を継続しています。
2021年11月下旬に、Excel VBA 以外の雑記的な記事をサブサイトに移しています。

下のカードからサブサイトにもお越しいいただければ幸いです。よろしくお願いします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
kurumico.com (^^)/
タイトルとURLをコピーしました