テーブル
12/1[木]23:59まで 7日間のビッグセール「ブラックフライデー」開催中!詳細はこちら ≫

テーブル

Power Query

Excel Power Query フォルダーの設定・管理方法

Excel Power Query フォルダーからデータを取得する場合の設定・管理方法について整理・確認しました。設定方法を工夫することでより汎用的・効率的にすることができます。パラメーターテーブルを利用する方法などについても詳しく解説。
Power Query

Excel Power Query カスタム関数の作成(その1)

Excel Power Query カスタム関数を作成して利用する方法の解説第1回目です。単純なカスタム関数の作成方法をテーブルに表示された自ブックの CurrentPath を取得する設定で解説。カスタム関数の呼び出し方法についても解説。
Power Query

Excel Power Query テーブルからパラメーター作成

Excel Power Query テーブルのデータからパラメータークエリを作成して利用する方法の解説です。パラメータークエリ利用時のプライバシーレベル変更についても解説しています。テーブルデータを変数に代入する方法と比較検証もしています。
Power Query

Excel Power Query 自ブックのパスを使う方法

Excel Power Query 自ブックのパスを取得してテーブルにセットすることで ソース の設定などがをやりやすくなります。CELL 関数で取得して、必要な文字列をLEFT関数とFIND関数で抜き出す方法とその活用法を勉強しています。
Power Query

Excel Power Query ソース 設定にテーブルを使用

Excel Power Query ソース の指定・変更をテーブルで行う方法について解説しています。Power Query M言語の Excel.CurrentWorkbook()式を使ってテーブルのデータを取得して使用する方法です。
テーブル

Excel VBA テーブル集計行の表示操作と値の設定・取得方法

Excel VBA テーブル集計行の表示はListObject.ShowTotalsプロパティで設定します。Not演算子を使って切り替える方法や集計セルの計算設定や書式設定方法も解説。集計行のデータや情報を取得する方法についても詳しく解説。
テーブル

Excel VBA テーブルに追加した列に数式を代入する方法

Excel VBA テーブルの列に数式を代入する方法の解説です。一般の表「セル範囲」を参照する計算式の記述と別テーブルを参照する計算式の記述方法をVLOOKUP関数を使用した例文でそれぞれを解説しています。サンプルファイルも用意しています。
テーブル

Excel VBA テーブルの行を追加(挿入)/削除する

Excel VBA テーブルのデータ行を追加・挿入したり削除する方法の解説です。データ行の追加・挿入ではテーブル真下にデータを入力してテーブルを拡張する方法。行の削除では最終行をListRows.Countで求める方法などを解説しています。
テーブル

Excel VBA テーブルの列を追加/削除する方法について

Excel VBA テーブルの列を追加・挿入したり削除する方法を解説しています。列の追加・挿入ではタイトルを同時に設定する方法。列の削除では最終列をListColumns.Countで求める方法などを解説しています。サンプルも用意しています
テーブル

Excel VBA テーブルを特定する方法について

Excel VBA テーブルを操作するにはテーブルを特定する必要があります。テーブルの特定ほうほうについて・テーブル内のセルから特定する方法・シート内のテーブルを特定する方法・テーブル名で特定する方法「構造化参照」に分けて解説しています。
テーブル

Excel VBA テーブル内の範囲や特定位置を指定する方法

Excel VBA テーブル内の範囲やセルを指定するには ListObject のプロパティを知る必要があります。「DataBodyRange」「HeaderRowRange」「ListColumns」「ListRows」などの特徴を解説
テーブル

Excel VBA テーブル操作TableStyleの設定変更

Excel VBA テーブルを操作する方法の解説第3弾。ListObject.TableStyleプロパティでテーブルのスタイル取得と設定について解説。スタイルの見本シートを作成しておき、見本スタイルを選択適用するサンプルを紹介しています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました