本ページには広告が含まれています。

外貨の被仕向け送金受け取りは手数料ゼロのソニー銀行一択

外貨送金受け取りは手数料ゼロのソニー銀行一択

当サイトでは、2022年10月20日から The Moneytizer による広告を設置しCPMによる広告収益を得られるようにしています。

開始当初は、ドルによる収益の受け取り方法に「PayPal」で指定していましたが、もっとお得な方法が見つかったので共有させていただきます。

スポンサーリンク

はじめに

はじめに結論からお伝えします。

外貨による収益などの送金を受け取るには、ソニー銀行の外貨送金一択だという結論に達しました。

外貨のまま受け取れて、しかも受け取り手数料は何度でも0円なんです

詳しくはこの後お伝えしますが、この度実際に収益がドルで送金されたのですが、手数料0円で無事に受け取ることが出来たんです。

【この記事でわかることは】
・外貨送金受取にかかる手数料の比較
・The Moneytizer 支払送金先をソニー銀行に変更
・ソニー銀行での外貨送金受け取り手続き

外貨送金受取にかかる手数料の比較

The Moneytizer の収益は「米ドル」か「ユーロ」で支払われます。受け取り方法として登録できるのは「銀行口座」か「PayPal」のどちらかということです。

初めに登録するときには、送金手数料の部分だけしか見ていませんでした。

自分は「楽天銀行」の口座を持っていたので調べてみたところ、被仕向送金手数料が「2,450円」もかかることがわかりました。一方「PayPal」は、送金手数料はかからないということなので「PayPalのビジネスアカウント」を作成してひとまず登録しておきました。

まあ、収益があったとしても送金されるまでには結構な期間があるので、あとでゆっくり考えようと思っていました。というのも、Maneytizerの支払いは「収益が50ドル以上なら、翌月10日に収益証明書が作成され、その60日後に送金」というプロセスなんです。

ということで、落ち着いて外貨送金(被仕向送金)の受取にかかる手数料について調べてみました。できれば送金される「米ドル」のまま預金しておけるようにできないかも調べました。

外貨送金(被仕向送金)の受取にかかる手数料一覧

上の表は「被仕向送金 受取 手数料」などでググって集めたものですので、詳しくは各銀行のサイトで確認してください。間違っているものもあるかもしれませんので(^^;)

希望する条件(手数料が安くて、外貨のまま受け取れるに一番合っているのは、一目瞭然ですね。

手数料無料ソニー銀行ロゴソニー銀行への外貨送金(被仕向送金)でした。

PyPal 外貨(米ドルのまま)での受け取りはできませんし、引出手数料や円為替手数料がメチャクチャ高いですね。このままではまずいことになります!

ということで、さっそく「ソニー銀行」に口座を開設しました。

The Moneytizer の支払先変更

振込先の変更は次の引用のとおり、月初めの1日~10日の間に限られるので注意しましょう。

振込先を変更したいのですが?
ダッシュボード(moneyBox)の「マイプロフィール」ページで、お客様の銀行情報を変更することが可能です。ただし、当社のシステムでは、毎月1日から10日の間の変更はブロックされています。これは、銀行振込がこれらの日付にあらかじめプログラムされており、その間に変更することができないためです。

The Moneytizer FAQ から引用

「支払い情報」の各項目へ入力する情報は、ソニー銀行の「送金依頼書に記入する基本事項」のとおり正確に入力しましょう。

Moneytizer支払い情報入力画面

あとは送金されるのを待つだけです。

ソニー銀行での外貨送金受け取り手続き

12月10日に「収益証明書」が発行されているので、2月8日が60日目にあたるのでそろそろメールが来るかなと思っていたら来ました!

ソニー銀行から送金到着メール

被仕向け送金が到着したので受け取り手続きをしてくださいよ、という内容のメールです。

ソニー銀行から被仕向送金があった旨のメール

メール内には、手続き画面へのリンクアドレスが設置されていますので、さっそく手続きしましょう。

ソニー銀行への外貨送金(被仕向け送金)手続き

リンクアドレスから開いた手続きへの入り口

ソニー銀行への外貨送金ページ

送金情報を確認

送金情報の確認

「被仕向け送金手数料」は ゼロ になっています。

送金人との関係・送金目的入力

送金人との関係と送金目的を入力します。手入力しなくてはいけないのは「具体的なご関係」部分と「送金目的」で [その他] を選択した場合です。ほかはプルダウンからの選択です。

送金人との関係・送金目的入力

ここの入力内容が審査されるわけです。金額が大きくないのでそんなに気にしなくても大丈夫な気がしますが、次の履歴のような感じで選択・入力しました。

送金人との関係・送金目的の履歴

「送金目的」は「自己資金の移動」の選択でもよいと思います。
手続き後、口座入金までの目安が2~5営業日となっているようです。

入金完了のお知らせメール

少し待つのかなと思っていたら、翌日に「入金完了」のお知らせメールが来ました

ソニー銀行から入金完了のメール

無事に入金されたようです。

外貨普通預金口座を確認したところ、ちゃんと米ドルが入金されていました。

あとは、為替相場を確認してタイミングの良いときに円に換金するか、利息の良いドルのまま預金しておくか少し考えてみます。

The Moneytizer 登録してみませんか

今回受け取った送金は、The Moneytizer のCPM広告収益です。Moneytizerを登録してから収益が倍増しました。インプレッション収益をドルで受け取れる The Moneytizer に登録されてみてはいかがでしょうか。

登録後に審査がありますが、まずはアカウントを登録して試してみましょう。

The Moneytizerの登録方法

The Moneytizerの登録は誰でもできます。

登録する際は、次のカードのスポンサーコード付きリンクから登録していただくか、

【スポンサーコード】4f67f5804074dcf13f379a416fa10ac1

登録時に「スポンサーコード」欄に上のコードを貼り付けていただくと、審査に通過した時点で特典として5ドルのクレジットが付与されます。ただし、審査に通過しなかった場合は付与されませんので、あらかじめご了承ください。

シミュレーターで収益を予想してみよう

収益予想シミュレーター

The Moneytizer のトップページに「シミュレーター」が用意されています。登録しようと思っているサイトでの潜在的な収益を簡単に試算することができますので是非試してみてください。

まとめ(おわりに)

以上、The Moneytizer のCPM広告収益をソニー銀行への送金に変更したことで、米ドルのまま手数料ゼロで受け取ることが出来ました。

くるみこ
くるみこ

外貨仕向け送金の受け取りならソニー銀行がぜったい「おすすめ」です。

ソニー銀行はおすすめできるサービス内容が満載です。

是非ソニー銀行のサイトをご覧になってみてください。(^^)/

★★★ ブログランキング参加中! クリックしてね(^^)/ ★★★

スポンサーリンク

過去記事のサンプルファイルをダウンロードできます

この記事で使用したサンプルの登録はありません。
過去の記事で使用したサンプルファイルをダウンロードできるようにページを設置していますので、こちら(このリンク先)からご利用ください