本ページには広告が含まれています。

人気記事一覧(上位20位まで)

Excel VBAマクロを連続実行させる方法(初心者向け解説5)
ExcelでVBA「マクロ」を色々なやりかたで連続実行させる方法を解説しています。「Call」ステートメントの使い方の解説や「マクロ」の中から「マクロ」呼び出す方法。新しいプロシージャを作れば「ボタン」に登録した「マクロ」から連続実行が可能
Excel Power Query ソース の変更方法【基本編】
Excel Power Query ソース の基本的な変更方法について解説しています。UIで設定する2つの方法と手動で設定する2つの方法について紹介しています。変更する場合の注意点等やフォルダーの場合とファイルの場合のダイアログの違いも紹介
Excelのどうしても解除できない外部リンクを強制削除する方法
この記事はExcelでどうしても削除できない「外部リンク」を強制的に解除する方法についての解説です。外部リンクエラーに悩まされている方は是非ご覧ください。Excelファイルの中身であるXMLファイルを書き換えて外部エラーリンクを解消します。
【Excel VBA】別ブックからデータを抜き出す処理(その1)
VBAで設定したターゲットのセル番地をFindメソッドで取得。請求書や報告書など決まった様式のシートからデータをピンポイントで抜き出す作業はVBAで劇的にスピードアップする 「汎用でだれでも使えて活用できるように考えたVBA」書いていきます
VBA UserFormのテキストボックス文字列縦位置を調整する
Excel VBA ユーザーフォームに配置したテキストボックス文字列の縦上下中央揃えを自動で行う方法の解説です。TextBoxとLabelを使ってダミー表示する方法です。TypeName関数の解説やループ中に配列に追加する処理を使っています
VBA UserForm の表示位置を指定する方法
VBA で UserForm の表示位置を指定する方法の解説です。基本は StartUpPositionプロパティで指定しますが、前回と同じ場所に表示させる方法を詳しく解説しながら、シートに設定を保存する方法なども解説しています。
Excelの外部リンクをVBAで一括解除する【実務で活用できる】
この記事はExcelのVBAで「外部リンク」を一括で解除する方法についての解説です。「外部リンクエラー」に悩まされている方は是非ご覧ください。ブックの使いまわしやリンク先シートの削除など意図せず発生した外部リンクエラーの解除におすすめします
【Excel VBA】大量データからマッチングデータを抽出
一意のデータ(ID番号など)を「配列」に格納し、別シートに(Excel、CSVなどから)貼り付けた大量のデータから、「Match関数」でマッチングしたデータを「配列」に取り出して貼り付けるVBAの高速処理について詳しく説明していきます
【Excel VBA】ファイルを開いてデータを取得する(その1)
Excel VBA のGetOpenFilenameメソッドでファイルを開き、開いたファイルからデータを取得する作業を自動化。手作業と比較してどれだけ効率化できるのか。また、汎用でいろいろなことに使えるように考えながらVBAを書いています。
Excelマクロ実行時デバッグ表示の対処法(初心者向け解説6)
ExcelでVBA「マクロ」実行時にエラーが発生すると「デバック」ボタンの付いたダイアログが表示されます。そんな時にどうしたらよいか初心者向けに「デバッグ」の方法を解説します。ステップ実行やブレイクポイントなど最低限知っておきたいことを解説
Excel VBA UserForm を表示する方法/閉じる方法
Excel VBA UserForm の開き方と閉じ方について解説しています。モダールとモードレスの違い。ShowとLoadの違い。UnLoadで終了する場合と「×」で閉じないようにする方法や閉じる際のイベントについても解説しています。
【Excel VBA】インデックスが有効範囲にありません。
Excel VBA で発生する実行時エラー'9':インデックスが有効範囲にありません。について、その発生原因と対処法についての解説です。エラーとなるコードの例をコレクションと配列を使って再現し[デバッグ]する方法を動画を使って解説しています
【ExcelVBA】Outlookメールの作成から一括送信まで
大量の送信先あてメールに添付ファイルを貼り付けて送信する作業はかなりの手間がかかります。ExcelVBAでOutlookから送信することでその問題を解決します。添付ファイル付きメールを一括送信する方法を解説。サンプルファイルも用意しています
FILTER 関数の使用例(ワイルドカードを使う方法も解説)
EXCELの新関数 FILTER関数について使用例を使って解説しています。スピル機能や「部分一致検索」にFIND関数やSEARCH関数を使う方法やCOUNTIFS関数を使ってワイルドカードを使えるようにする方法などについても詳しく解説
【Excel VBA】進捗表示にプログレスバー設置でストレス軽減
VBAで時間のかかる重い処理を実行させる場合、待っている時間はかなりのストレスがかかります。それは、今どのくらい処理が進んでいるのかが見えないからです! そこでこの記事では、プログレスバーを設置してそれを解決する方法について提示していきます
VBA 文字列から「記号」など特定の文字種を判定する方法を検証
Excel VBA パスワード文字列内の「記号」など特定の文字種の判定と存在位置を特定する方法をLike演算子とInStr関数で検証しています。調べる文字を特定できる場合はInstr関数でも可能、そうでない場合はLike演算子を使用します。
Excel VBA マクロでピボットテーブルを作ってみよう
Excel VBA 「マクロの記録」でピボットテーブルの作成を行い、コードのスリム化と汎用化をする方法の解説。ピボットキャッシュ(PivotChaches)作成とピボットテーブル(PibotTable)、ピボットフィールドの設定方法を紹介
Excel VBA テーブルの行を追加(挿入)/削除する
Excel VBA テーブルのデータ行を追加・挿入したり削除する方法の解説です。データ行の追加・挿入ではテーブル真下にデータを入力してテーブルを拡張する方法。行の削除では最終行をListRows.Countで求める方法などを解説しています。
VBAでPowerQueryとピボットテーブルの更新を制御する
[すべて更新]を実行
Excel VBA Filter関数で二次元配列を処理してみた
Excel VBAで Filter 関数を使う場合は1次元配列限定ですが、2次元配列で使う方法を試行してみました。Join 関数 と Split 関数 を使いまわしてフィルタリングする方法で何とか使えそうです。是非試してみてください。
スポンサーリンク
kurumico.com (^^)/