本ページには広告が含まれています。

Excel関数,その他に関する記事一覧(人気順)

FILTER 関数の使用例(ワイルドカードを使う方法も解説)
EXCELの新関数 FILTER関数について使用例を使って解説しています。スピル機能や「部分一致検索」にFIND関数やSEARCH関数を使う方法やCOUNTIFS関数を使ってワイルドカードを使えるようにする方法などについても詳しく解説
Excel 新関数一覧「2022年8月」アップデートで一般公開
Excel 新関数 2022年8月アップデートで一般公開された高機能な新関数の概略一覧を紹介します。詳しい使用方法などについては別途作成るる記事へのURLリンクを設定してインデックスとしてご利用いただければと思います。
XLOOKUPなど知っておきたい新しいExcel関数について
最新のExcelではXLOOKUPなどの新しいExcel関数が順次追加されています。Windows11発売と同時に永続ライセンス版のOffice 2021に新関数が追加され発売されました。今回は高機能な新しい関数の概略だけ紹介します。
XLOOKUP 関数はすごい! 使用例も少しだけ解説しています
XLOOKUP 関数とはどんな関数か使用例を使って解説しています。XLOOKUP関数はVLOOKUP関数の強化版と言われています。でもVLOOKUPと同じようにも使えますが単なる強化ではなく全くの別物のすごい機能だということがわかります。
Excel 新機能「スピル」の概略について
新しいExcel関数を知るうえで、Excelの新機能「スピル」について知っておくべきなのでその概略を解説します。スピルは数式をコピーする必要はありません。数式が変更されれはスピル範囲も変わりますし、数式が参照しているセル値によっても大きさが動的に変化します。
TEXTJOIN 関数 文字列連結で区切り文字挿入するならこれ
TEXTJOIN 関数は、文字列連結の「区切り文字」を指定できる新しい関数です。CONCAT関数などの上位版とも言えるでしょう。区切り文字にCHAR(10)で改行を指定する方法や異なる区切り文字を指定する方法なども解説しています。
UNIQUE 関数 セル範囲から一意の値を取り出す
UNIQUE 関数はセル範囲から重複しているデータを比較して一意のユニークデータを返してくれます。また、重複していない出現回数が1回だけのデータを取り出すこともできます。使用例では、SORT関数やFILTER関数と合わせて使用する方法も解説
TEXTSPLIT関数 区切り文字でテキストを列と行に分割できる
TEXTSPILIT関数は、2022年8月下旬に一般公開された文字列操作関数です。TEXTSPILIT関数は文字列を指定した区切り文字で列と行に分割して、セルにスピル表示します。Microsoft365の最新ExcelとWeb版で使用可能。
CHOOSECOLS関数 配列(セル範囲)から列を選んで取り出す
CHOOSECOLS 関数は、配列(セル範囲)から列を選んで取り出すことができる新しい関数です。横に長い巨大な表からほしい列だけ指定して簡単に抽出できます。また、列の順番を並べ替えたりすることもコピペをせずに関数で簡単にできるようになります
SORT 関数 指定範囲のデータを並べ替えてスピル配列で取り出す
SORT 関数は指定範囲のデータを並べ替えてスピル配列で取り出すことができます。SORT関数の使い方を「日本百名山」リストを使って解説しています。TEXT列「漢字」を並べ替える場合の注意点や複数の基準列で並べ替えする方法も紹介しています。
VSTACK 関数 セル範囲(配列)を垂直方向に連結して返す
VSTACK関数は、複数のセル範囲(配列)を縦方向に連結して新しい配列を返す関数です。使用例を使って具体的な連結方法やエラー表示などの対処法について解説しています。他の関数からVSTACK関数の結果を引数として使用する例も少し解説しています
TEXTAFTER関数 指定した文字より後の文字列を返す
TEXTAFTER関数は、2022年8月下旬に一般公開された文字列操作関数です。TEXTAFTER関数は対象文字列を指定した区切り文字または文字列より後の文字列を返します。Microsoft365の最新ExcelとWeb版で使用可能です。
SWITCH 関数 値に対応する結果を返す新しい条件分岐
SWITCH 関数は、検索対象の値に対して指定した複数の値を評価し、最初に一致した値に対応する結果を返します。IFS 関数と同じくExcel2019で追加された条件分岐できる新しい関数です。使用例を使ってIFS関数との違いなども解説します。
TOCOL 関数 セル範囲(配列)を縦1列の配列で返す
TOCOL 関数は、セル範囲(配列)を縦1列の配列に変換して返す関数です。引数の設定によって「空白」や「エラー」のセル(配列要素)を削除してくれますので、単独での使用もできますが、いろいろな関数と組み合わせて活用できるのではないでしょうか。
LAMBDA 関数 VBAなしでカスタム関数を作成できる
LAMBDA(ラムダ)関数は、Excelブック内でよく使う数式の設定をVBAを使わずカスタム関数(ユーザー定義関数)として作成し、再利用できるようにする関数です。「名前定義」でLAMBDA関数で定義したを式を登録して作成する方法を解説します
CHOOSEROWS関数 配列(セル範囲)から行を選んで取り出す
CHOOSEROWS 関数は、配列(セル範囲)から行を選んで取り出すことができる新しい関数です。行数の多い巨大表からほしい行だけ指定して簡単に抽出できます。また、行の順番を並べ替えたりすることもコピペをせずに関数で簡単にできるようになります
Excel ショートカットキーとマウス右ボタン併用で高速処理
Excel ショートカットキーとマウス右ボタン併用で作業能率をアップさせることができます。普段使いしていて効率的なものを紹介します。特にマウスで操作することが多い方には、マウスの右ボタンを使ったショートカット「値貼り付け」が非常に便利です。
LET 関数 名前に数式や値を定義して関数内で再利用する
LET 関数について使用例を使って解説します。LET 関数は数式内で「名前」を定義して関数内で変数のように使える関数です。「名前の値」には値やセル範囲のほか数式とその計算結果を指定することができます。数式の簡略化とパフォーマンスが向上します
Excel ファンクションキーの使える機能を解説!
Excel ファンクションキーの使える機能について解説します!ファンクションキー単体の基本機能から他のキーと組み合わせて使うショートカットキーの機能まで実際に使ってみて便利だったものを解説しています。【F2】【F4】キーは超定番!など...
XMATCH 関数 セル範囲(配列)から検索値の相対位置を返す
XMATCH 関数についていろいろな使用例を使って解説します。XMATCH関数は従来のMATCH関数の上位版なので、その違いについても解説しています。ワールドカードの使用例やエラーを表示させない方法なども紹介しています。
スポンサーリンク
kurumico.com (^^)/