7/12[火]午前0時から 年に一度のビッグセール Amazon「プライムデー」開催!詳細はここをクリック!

Excel ファンクションキーの使える機能を解説!

Excel ファンクションキーの使える機能について解説!

前記事で Excel で普段使っているショートカットキーやマウス右ボタンの併用方法など、作業をショートカットできる便利な操作方法を紹介しました。「Ctrl」「Shift」「Alt」とキーごとに紹介しみましたが、ショートカットキーはまだまだたくさんあります。

今回は、「ファンクションキー」の役割(基本機能)と、他のキーと組み合わせて使えるショートカット機能について紹介したいと思います。

くるみこ
くるみこ

キーボードの一番上に並んでいる【F1】~【F12】のキーが「ファンクションキー」です。
まだ使ったことが無いなんていう人もいるのではないでしょうか?
ファンクションキーを活用できれば作業効率もUPできて便利ですよ!

【この記事でわかることは】
・Excel で使うファンクションキー単体の基本機能について
・他のキーと組み合わせて使うショートカット機能について

Amazon Excelショートカット関連のおすすめ書籍を開いてみる
スポンサーリンク

Excelで使うファンクションキーの機能

「ファンクションキー」の場所(配置)を画像で確認しておきましょう。赤枠で囲んだ部分です。

ファンクションキーの配置場所は最上段

ファンクションキーに割り当てられている機能は、ファンクションキーを操作した際にアクティブなものによって違いがあります。今回紹介するのは Excel がアクティブになっている場合の機能です。

ファンクションキーの基本機能

ファンクションキー単体に割り当てられている機能の一覧です。
※いつもよく使っている便利だと思うものは赤太字にしています。

選択キー機能(動作内容)
1F1Excelのヘルプを表示する
2F2アクティブセルを編集できる状態にする
3F3「名前の貼り付け」ダイアログボックスを表示する
(名前が設定されている場合のみ)
4F4直前に行った操作を繰り返す(選択範囲に適用する)
数式内セル番地の参照設定(絶対/相対)を切り替える
5F5「ジャンプ」ダイアログを表示する
6F6画面エリア内のフォーカスを切り替える
(シート、シートタブ、ステータスバー、メニュー)
7F7「スペルチェック」ダイアログを表示する
8F8選択範囲を拡張できるようにする
9F9ブック全体の数式を再計算する
10F10メニューのキーヒントを表示する
Altキーを押すのと同じ)
11F11グラフシートを追加し選択範囲のグラフを作成する
12F12「名前を付けて保存」ダイアログを表示する

【F4】キー2つの動作について補足説明
・直前に行った操作を繰り返す(選択範囲に適用する)
一例として「セルの書式設定」操作の繰り返しで便利に使えます。最初に設定した書式を違う場所にも適用したい場合【F4】キーを押すだけで適用できます。途中に違う操作が入らない限り何度でも繰り返すことができます。※いろいろな操作に適用できますが「貼り付け」の場合は1回だけの適用のようです。
・数式内セル番地の参照設定(絶対/相対)を切り替える
セル内の数式にセル番地を使っている場合、通常は参照設定が「相対参照」となっていますがセル番地部分で【F4】を押すと、参照設定が次のように切り替わります。

A1」⇒「$A$1」⇒「A$1」⇒「$A1」⇒「A1【F4】を押す毎に設定がかわります。

他のキー+ファンクションキーの組み合わせ

「Ctrl」「Shift」「Alt」+ファンクションキーの組み合わせでよく使うものの一覧です。
※特によく使っているものを赤太字にしています。黒太字は比較的よく使うもの。

キーの組み合わせ機能(動作内容)
13Ctrl + F1「リボン」の表示/非表示を切り替る
14Ctrl + F4選択しているブックを閉じる
(変更がある場合、保存確認ダイアログ表示)
15Ctrl + F6次のブックをアクティブにする
16Ctrl + F9ブックを最小化する
17Ctrl + F10ブックを最大化する・元のサイズに戻す
18Shift + F2セルにメモ(コメント)を追加・編集する
19Shift + F10ショートカットメニューを表示する
(マウス右クリックアプリケーションキーと同じ)
20Shift + F11ワークシートを追加する
22Alt + F8「マクロ」ダイアログを表示する
23Alt + F11VBE(Visual Basic Editor)を起動する
※ショートカットキーの接続に使ってる「+」は同時に押すという意味です

画像などでの補足説明は省略します。
是非実際に Excel を開いてキー操作して確認してみてください。

スポンサーリンク

Amazon Excelショートカット関連のおすすめ書籍を開いてみる

Amazon プライム会員なら特典がいっぱい!
Amazon Excel関連のおすすめ書籍へのリンク!

まとめ(おわりに)

以上、Excel でのファンクションキーの機能と他のキーと組み合わせて使うショートカットキーの紹介でした。組み合わせショートカットキーについては、使って便利だと思ったものだけ紹介しました。

くるみこ
くるみこ

今回紹介したファンクションキーと「ショートカットキー」は、実際にExcelを開いてキー操作して動作確認してみてください。そして、自分がいつも行っている作業と比較して「この方が使いやすくて便利だな」と思ったものだけ覚えておけばいいと思います(^^)/


★★★ ブログランキング参加中! クリックしてね(^^)/ ★★★

【今後の記事について】

今回の記事はいかがだったでしょうか。皆さまのお役に立てたなら幸いです(^^;
「汎用でだれでも使えて活用できるように考える」というポリシーで、記事を継続して書いていきたいと思っています。どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

【検討中の今後の記事内容は・・・・】
・実務に役立つものを提供できるよう常に検討しています(^^ゞ
・その他雑記的に「プチネタなど」もいろいろ考えていきたいと思っています・・・・
・今後の記事にご期待ください(^^)/

過去記事のサンプルファイルをダウンロードできます

過去の記事で使用したサンプルファイルをダウンロードできるようにページを設置していますので、こちら(このリンク先)からご利用ください

タイトルとURLをコピーしました