Excel

ピボットテーブル

Excel VBA ピボットテーブルを操作する【セル範囲変更編】

Excel VBA ピボットテーブルの元データがセル範囲の場合、データの追加などの変更を反映させるにはChangePivotCacheメソッドを使います。サンプルコードを使ってその方法を解説しています。ピボットキャッシュのサイズ検証も解説。
ピボットテーブル

Excel VBA ピボットテーブルを操作する【更新編】

Excel VBA ピボットキャッシュを変数に代入して再利用する方法とピボットテーブルを更新する方法をPivotCacheを使う方法とRefreshTableで更新する方法、PivotCachesコレクションでループ処理する方法について解説
ピボットテーブル

Excel VBA マクロでピボットテーブルを作ってみよう

Excel VBA 「マクロの記録」でピボットテーブルの作成を行い、コードのスリム化と汎用化をする方法の解説。ピボットキャッシュ(PivotChaches)作成とピボットテーブル(PibotTable)、ピボットフィールドの設定方法を紹介
Excel VBA

Excel VBA 参照渡し「ByRef」と値渡し「ByVal」

Excel VBA プロシージャを引数を付けて呼び出す場合、呼び出されるプロシージャの引数の定義(引数宣言)の仕方で動作が異なります。参照渡し(ByRef)と値渡し(ByVal)の違いと使用方法についてサンプルコードを使って解説します。
Excel VBA

Excel VBA Functionプロシージャを使ってみよう

Excel VBA FunctionプロシージャはFunctionステートメントで作ります。Functionプロシージャについて、Subとの違いやその使い方を解説しています。各種サンプルコードで引数や戻り値など動作を確認することができます。
テーブル

Excel VBA テーブル集計行の表示操作と値の設定・取得方法

Excel VBA テーブル集計行の表示はListObject.ShowTotalsプロパティで設定します。Not演算子を使って切り替える方法や集計セルの計算設定や書式設定方法も解説。集計行のデータや情報を取得する方法についても詳しく解説。
テーブル

Excel VBA テーブルのデータを編集・取得する方法

Excel VBA テーブルのデータを編集する方法とテーブルからデータを取得する方法の解説です。VLOOKUP関数を使ってテーブルのデータを構造化参照で取得する方法を紹介。VBAでセルに計算式を書き込む方法と計算式を値化する方法まで紹介。
テーブル

Excel VBA テーブルに追加した列に数式を代入する方法

Excel VBA テーブルの列に数式を代入する方法の解説です。一般の表「セル範囲」を参照する計算式の記述と別テーブルを参照する計算式の記述方法をVLOOKUP関数を使用した例文でそれぞれを解説しています。サンプルファイルも用意しています。
テーブル

Excel VBA テーブルの行を追加(挿入)/削除する

Excel VBA テーブルのデータ行を追加・挿入したり削除する方法の解説です。データ行の追加・挿入ではテーブル真下にデータを入力してテーブルを拡張する方法。行の削除では最終行をListRows.Countで求める方法などを解説しています。
テーブル

Excel VBA テーブルの列を追加/削除する方法について

Excel VBA テーブルの列を追加・挿入したり削除する方法を解説しています。列の追加・挿入ではタイトルを同時に設定する方法。列の削除では最終列をListColumns.Countで求める方法などを解説しています。サンプルも用意しています
テーブル

Excel VBA テーブルを特定する方法について

Excel VBA テーブルを操作するにはテーブルを特定する必要があります。テーブルの特定ほうほうについて・テーブル内のセルから特定する方法・シート内のテーブルを特定する方法・テーブル名で特定する方法「構造化参照」に分けて解説しています。
テーブル

Excel VBA テーブル内の範囲や特定位置を指定する方法

Excel VBA テーブル内の範囲やセルを指定するには ListObject のプロパティを知る必要があります。「DataBodyRange」「HeaderRowRange」「ListColumns」「ListRows」などの特徴を解説
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました