セル結合

VBA-tool

Excel VBA 連続した同じ値のセル範囲を自動で結合する

Excel VBA Range.OffsetプロパティとUnionメソッドを使い連続した同じ値のセル範囲を自動で結合するマクロの解説です。「列」タテ方向と「行」ヨコ方向に対応する汎用的に使えるサンプルコードを紹介しています。是非ご覧ください
VBA-tool

Excel vba セル範囲結合時に各セルの値も結合させる方法

Excel vba セル範囲の結合時に各セルの値も一緒に結合する方法の第2弾。Range.Areasプロパティを使い、ヨコ方向「区切文字」とタテ方向「vbCrLf」で各セル値の結合方法を変更して代入します。引数「Across」についても解説
VBA-tool

Excel vba セル結合時に各セルのデータも結合させる方法

Excel vba セル結合時に各セルの値も一緒に結合させる方法の解説です。通常はセル結合時には左上の値のみが保持されますが、VBAを使って各セルの値も保持結合して代入できるようにします。マージの際に「vbCrLf」を入れて改行しています。
VBA-tool

Excel VBA 結合セルの解除と解除後の空白セルへの代入処理

Excel VBA 結合セルを解除するマクロを解説。解除はRangeオブジェクトのMergeAreaプロパティーの「UnMerge」を使います。解除後の空白セルに先頭セルデータを代入する方法や範囲を指定選択できるコードも紹介しています。