楽天ひかりに光コラボから「事業者変更」で乗り換えを決断した話し

cdange

「楽天ひかり」に乗り換えすることを決断しました!
光コラボから光コラボへの「事業者変更」による乗り換えです!

@nifty光から乗り換えを決断した理由

乗り換えを決断するに至った理由はこんな感じです

1. @nifty光の速度に対する不満
2. Rakuten UN-LIMIT利用している
3. キャンペーンの内容から損得計算
4. 違約金<乗り換えで得られる金額
5. 楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)+1倍
6. 自宅がUNLIMITエリアになる

1. @nifty光の速度に対する不満

@nifty光マンションタイプを契約中だが、速度に不満(特に夕方からの時間帯)
調べてみたら、制限がかかっている。@nifty光は2017年5月以降現在まで下記の通り発表しています。
※会員サポートにお知らせを見ないとわからない!(こっそりやっている)
5月22日に「IPv6サービス通信速度改善のための設備増強のお知らせ」が発表されていますが、具体的なものは確認できていません。
たった今(2020/6/19 22:15)SPEEDTESTでテストした実際の速度はこんな状況
下り:3.83Mbps   上り:56.2Mbps           Ping:10ミリ秒

この毎日のストレスを少しでも解消したい!

Rakuten UN-LIMITをすでに利用している

2020/04/10 に格安スマホの楽天モバイル(ドコモ/au回線)から移行しました
「1年無料」のインパクトにやられました!
自宅エリアはまだ通信サービスエリアから外れているけど、1年後には拡充されていることに期待しているのと、勤務先はエリア内のため問題ないと判断しました

キャンペーンの内容から損得計算

楽天ひかり +  UN-LIMIT キャンペーンの内容はここで確認!
Rakuten光 UN-LIMIT 先着10万名様 Rakuten UN-LIMITをご契約の場合IPv6対応SPU対象の楽天ひかりが月額基本料1年無料 さらに、高速インターネットIPv6対応ルーターもプレゼント!
なんと! 月額基本料1年無料

IPv6対応 + 無線ルータープレゼント!
※IPv6対応で楽天ひかりはやっと「遅い」という口コミからから脱却オススメその1 IPv6対応で回線速度最大1Gbps IPv6高速インターネット接続で混雑する時間帯でも、より快適に!

違約金 < 乗り換えで得られる金額

@nifty光 の契約期間に縛りがあり、更新月は12月!
※更新月以外での解約は違約金 9,500円
でも、キャンペーン期間が2020年8月1日(土)8:59まで
で、計算してみました。

得する金額は ⇒ @nifty光の月額料金は、約4,500円 × 12か月=54,000円
損する金額は ⇒ 違約金 9,500円 + 契約事務手数料3,000円
差し引き   ⇒ 41,500円 お得! ←これは大きい!

楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)+1倍 


普段、楽天で買い物する人にとってはメリットあり!
+1倍 = 1倍+1倍 = 2倍 ということ!
+1倍+1倍 = 1倍+1倍+1倍 = 3倍 ということです!
いろいろ積み上げていくと、最大16倍までいきます!

私は、この「楽天ひかり」が開通すると平常時9倍になります!
もらえるポイントが9倍ですよ! 楽天市場で買い物している人はメリット大!

「Rakuten Casa」導入で自宅がUN-LIMITエリアになる


事務手数料として3,000円(税込)かかります。が、設置完了を確認した後、3,000円相当の楽天ポイントが還元されます。これ!実質無料でもらえる!ということ
「Rakuten Casa」で楽天基地局に接続することができるアイテムがGETできます!

光コラボ同士の乗り換え(転用)はマジ簡単になった!

光コラボから光コラボへの乗り換え手続きは、
1)現在利用中の光コラボ事業者に「事業者変更承諾番号」を発行してもらう
   ※事業者変更承諾番号の有効期限は15日間なので要注意!
2)次に乗り換えたい光コラボ事業者に申し込みをする
だけ、というシンプルなもの(2019年7月1日から変更)
2019年7月1日以前は、乗り換えを躊躇してしまうほど雑多な手続きが多かったようです。
特に、ひかり電話を電話番号を変えずに移行する場合は、一旦アナログ回線に戻してから再度ひかり電話にすなどの手間がかかっていました

光コラボ事業者乗り換えのメリット

・回線工事が不要・・・現在使用している光回線をそのまま使い続けるため
・ひかり電話の番号が変わらない
   ただし、事業者により電話料金の請求がNTTになる(楽天はこれ)
・速度が改善する可能性がある
   事業者の接続方式IPv6(IPoE)等により、速度と安定性が改善することが期待できます

光コラボの事業者変更の注意点

事業者変更をするときには、注意しなければならない点もいくつかあります。しっかりと把握しておきましょう

・事務手数料(契約事務手数料が3,000円)がかかります
 キャンペーンの利用や、乗り換え後の月額料金が安くなることを考えると、十分相殺できます
・解約金(違約金)が発生するケースがあります
 現契約事業者との契約内容で解約金が発生する場合があります(更新月に解約すれば違約金は発生しない)違約金が発生したとしても、キャンペーンを利用すれば相殺できる可能性があります
・メールアドレスが変更になる可能性があります
 光コラボ事業者がプロバイダーで、そのメールアドレスを利用している場合は基本的に使えなくなります(@niftyでは少額の利用料でメルアドのみ使えるサービスの提供があります)

まとめ 

以上、楽天ひかりに同じく光コラボの@nifty光から「事業者変更」で乗り換えを決断した話しでした。
まとめを箇条書きします(自分への教訓・備志録として)

・「事業者変更」で速度に対する不満解消
・ 乗り換えする場合は、キャンペーンの内容から損得計算をしっかり行う
・ (違約金+手数料) < (乗り換えで得する金額+もらえるメリット) = 乗り換えOK
・ メールアドレスの変更は普段から管理をしっかり行っておくほうが良いでしょう

8月1日が開通予定日との連絡(メール)が入りました。やばい!@niftyは日割計算無し!(1か月分まるまる請求されてしまう!)あわててサポートに連絡、7月20日に繰り上げてもらいました(^-^;
開通後にまた状況をおしらせします