ExcelVBA記事一覧(新着順)

VBA 64ビット版Excel対応 7-zip64.dll
VBAでExcelが64ビット版の環境でもZIPファイルを作成できるよう7-zip64.dllを使う方法と32ビットと64ビットどちらの環境でも動作できるようにする方法について解説。Win32APIの64ビット対応についても解説しています。
Excel VBAでスピルする新関数「FILTER」を使う方法
EXCELの新関数 FILTER関数をVBAで利用するための方法について解説。Evaluateメソッドを利用してWorksheetFunctionで実行します。書き込み先セル範囲を事前に調べたり、スピル対応を調べて処理を分岐する方法も解説。
Excel VBA 動的配列の書き込み先セル範囲を事前に調べる
Excel VBA でスピルする動的配列データをセル範囲に書き込む場合、事前に書き込み先のセル範囲を調べる必要があります。既存データは上書きされてしまったり、結合セルには一部のデータしか書き込みできません。その対応方法について解説します。
Excel VBA Evaluateメソッドを使う方法について
Excel VBA Evaluateメソッドを使う方法についての解説です。Evaluateメソッドとはどういうものか基本の使い方と角括弧 [] を使った簡略書式についてを解説。スピルする動的配列数式や関数に使う場合の方法も解説しています。
Excel VBA 動的配列には Range.Formula2
Excel VBA でスピルする動的配列数式や関数をセルに入力するには Range.Formula2 プロパティを使います。従来の Formula との違いや Excel のビルド番号を取得して使い分けを行う方法についても解説しています。
Excel VBA XLOOKUP関数を使う方法
VBAでExcel新関数のXLOOKUP関数を使う方法です。XLOOKUP関数はスピル機能を有しているので戻り値範囲によって戻り値は「動的配列」となることをサンプルを使って解説しています。記事で使った簡単なサンプルファイルを登録しています。
Excel VBA 音声読み上げを使う3つの方法
Excel VBA で音声読み上げを行う3つの方法を解説。セル範囲読み上げは Range.Speak 、テキスト読み上げならApplication.Speech.Speak、日本語と英語の切り替えやスピードはSAPI.Speakメソッドです
Excel VBA「入力規則」外部リンクエラーの自動削除ツール
Excel VBA で消せない「入力規則」の外部リンクエラーを自動で削除するツールの紹介です。Excelファイルを指定するだけで削除が完了します。Nameステートメントでファイル拡張子を変更します。7-zip.dllを使って操作を行います。
Excel VBA 消せない入力規則外部リンクエラーの削除ツール
Excel VBA で消せない「入力規則」の外部リンクエラーを削除するツールです。ワークシートXMLで外部リンク切れエラーの定義をVBAで削除します。文字列操作には InStr、InStrRev、Val、Mid、Replace 関数を使用。
Excel VBA 消せない外部リンクの削除をサポートするツール
Excel VBA で消せない外部リンクの削除をサポートするためのツールを作成してみました。XMLファイルを ADODB.Stream で UTF-8形式のテキストとして読み込んでテキスト内の #REF! を検索してカウントするツールです。
Excel VBA Power Query クエリ作成汎用ツール
Excel VBAで PowerQuery の [フォルダーから] と [ファイルから] データ取得する基本クエリを作成する汎用ツールを作成しました。ActiveWorkbook.Queries.Add でMコードを使ってクエリを作成します
VBA で PowerQuery サポート無しでフォルダー取得クエリ作成
Excel VBAで PowerQuery のフォルダーから取得クエリをサポートクエリ無しで作成します。カスタム列を使ってファイル変換する方法のMコードを使ってVBAでクエリを作成します。パラメーターを使うため汎用で使用することが可能です。
VBAでPowerQueryとピボットテーブルの更新を制御する
[すべて更新]を実行
Excel VBA 別ブックの保護されたワークシートを一括解除
Excel VBA 別ブックの保護されたワークシートを一括解除するためのミニツールです。別ブックの指定はApplication.InputBox Type:=8 を使います。マクロを設定できないブックを対象にする場合にちょっと使えます。
Excel VBA 参照渡し「ByRef」と値渡し「ByVal」
Excel VBA プロシージャを引数を付けて呼び出す場合、呼び出されるプロシージャの引数の定義(引数宣言)の仕方で動作が異なります。参照渡し(ByRef)と値渡し(ByVal)の違いと使用方法についてサンプルコードを使って解説します。
Excel VBA Functionプロシージャを使ってみよう
Excel VBA FunctionプロシージャはFunctionステートメントで作ります。Functionプロシージャについて、Subとの違いやその使い方を解説しています。各種サンプルコードで引数や戻り値など動作を確認することができます。
Excel VBA 連続した同じ値のセル範囲を自動で結合する
Excel VBA Range.OffsetプロパティとUnionメソッドを使い連続した同じ値のセル範囲を自動で結合するマクロの解説です。「列」タテ方向と「行」ヨコ方向に対応する汎用的に使えるサンプルコードを紹介しています。是非ご覧ください
Excel VBA セル範囲結合時に各セルの値も結合させる方法
Excel vba セル範囲の結合時に各セルの値も一緒に結合する方法の第2弾。Range.Areasプロパティを使い、ヨコ方向「区切文字」とタテ方向「vbCrLf」で各セル値の結合方法を変更して代入します。引数「Across」についても解説
Excel VBA セル結合時に各セルのデータも結合させる方法
Excel VBA セル結合時に各セルの値も一緒に結合させる方法の解説です。通常はセル結合時には左上の値のみが保持されますが、VBAを使って各セルの値も保持結合して代入できるようにします。マージの際に「vbCrLf」を入れて改行しています。
Excel VBA 結合セルの解除と解除後の空白セルへの代入処理
Excel VBA 結合セルを解除するマクロを解説。解除はRangeオブジェクトのMergeAreaプロパティーの「UnMerge」を使います。解除後の空白セルに先頭セルデータを代入する方法や範囲を指定選択できるコードも紹介しています。
スポンサーリンク
kurumico.com (^^)/
タイトルとURLをコピーしました