IFS 関数 複数条件をネストなしで判定できます

IFS 関数 複数条件をネストなしで判定できます

IFS関数は、1つまたは複数の条件が満たされるかどうかをチェックして、最初の TRUE 条件に対応する値を返します。従来のIF関数ならネストして使う方法をこの関数1つだけで表すことができます。

スポンサーリンク

はじめに

くるみこ
くるみこ

IFS 関数は Excel 2019で追加された関数です。サブスクリプション版の「Microsoft 365」アプリの「Excel for Microsoft 365」と永続ライセンス版ではExcel 2019以降で使用できる関数です。この関数も最後に「S」が付いているのでSUMIFS関数やCOUNTIFS関数などのように複数条件に対応している関数です。

詳しい使い方を教えてください。よろしくお願いしますm(__)m

【この記事でわかることは】
・IFS 関数の使い方とIF関数との違いがわかります

関数の構文を確認します

IFS 関数入力時に表示される「数式オートコンプリート」を見てみましょう。

IFS 関数の構文

IFS関数入力時に表示されるオートコンプリート

さらに、表示される引数の表示画像がこちらです。

IFS関数書式のオートコンプリート

IFS(論理式1, 値が真の場合1, …)
次の「IF関数」の表示と比較してみましょう。
IF(論理式, 真の場合, 偽の場合) ← IF関数の場合はこれ!IFSは「偽の場合」が無い!

【構文】

=IFS(論理式1, 値が真の場合1[, 論理式2, 値が真の場合2, …])
 ※[ ]の引数は省略可能です。赤字は必須部分です。
 ※「論理式」と「値が真の場合」のセットは127まで指定可能です。
 ※「論理式」は1から順に評価され「真」になった時点の結果を返します。

引数を詳しく見てみます。

引数内容
論理式(n)【n=1は必須】論理式(TRUEかFALSEを返す式)を指定します
値が真の場合(n)n=1は必須】論理式の結果がTRUE(真)の場合に返す値
[論理式/値が真
の場合]セット
【n=2以降は省略可能】
セットは最大127まで追加可能です

・論理式は入れる順番(優先順位)を意識して設定します。
・IFS 関数は1番目から順に評価され、条件に適合した時点で値を返し終了します。
・数値が条件の場合には「降順」か「昇順」のどちらかで並べて設定します。
・文字列などが条件なら、出現率の高いものから順に設定した方が効率的です。

・TRUE の条件が見つからない場合 #N/A エラーを返します。
・IF関数と違い FALSE の設定はありません。
#N/A エラーとならないようにするためには、最後の「論理式」部分に「TRUE」を入力します。対応する「値が真の場合」にいずれの条件も満たさない「FALSE」の場合に返す値を入力しておきましょう。

IFS 関数の使用例

それでは簡単な使用例で見ていきましょう。

複数条件の基本的な使用例

ポイント数値から評価判定を行い4つにランク付けする例です。

IFS関数 条件が1つの単純な例
50未満は「D」評価です。

・C2セルは「論理式」と「値」を直接式に記述している例です。
=IFS(B2>=85,”A”,B2>=70,”B”,B2>=50,”C”)
B2の値が「49.5」に対しての戻り値が設定されていないため #N/A エラーとなった例です。
  この場合は、4番目の「論理式」部分に TRUE を設定して「50未満」の判定を追加します。
・C3セルでは「論理式」や「値」を評価基準を示したセル番地から取得する例です。
  =IFS(B3>=$F$5,$E$5,B3>=$F$6,$E$6,B3>=$F$7,$E$7,TRUE,”D”)
  C4セルはC2セル同様に50ポイント未満ですが「TRUE,”D”」で「D」判定の表示です。

「論理式」や「値」をセル番地から取得する方法を採用した場合の利点は、
数式はそのままで設定先のセル値を変更するだけで基準や値を変更できることです。

IF関数を使用する場合は「偽(FALSE)」の部分に次のIF関数を順次追加して、入れ子状態(ネスト)にしていくことになります。=IF(B3>=$F$5,$E$5,IF(B3>=$F$6,$E$6,IF(B3>=$F$7,$E$7,”D”)))
設定数(入れ子の数)が多い場合どんどん分かりずらくなります。

論理関数(AND)を使う例

先ほどの例に評価項目を2つ追加して平均点から「総合評価」を設定するようにしました。
F列に3項目の「合計ポイント」から平均値で「総合評価」を算出しています。

IFS関数で論理関数(AND)を使う使用例

前の例で使用した「比較演算子」と「ワールドカード」以外もあるので参考のため紹介しておきます。

「最終評価」は、3つの評価項目の中に「50ポイント未満」が存在するかをチェックして、存在していた場合は「最終評価」を「E」評価(不合格)とする設定です。(いわゆるアシキリです)

「論理式」に「論理関数AND」を使った例です。
G7セルの式を見てみましょう。(上の画像参照)
最初の「論理式」と「真の場合の値」がこちらです↓
=IFS(AND(E7/3>=$C$10,MIN(B7:D7)>=$C$12),$B$10,
「論理式」に「論理関数AND」を使っています。[総合ポイント/3]が[85]以上であり、かつ(AND)、[3つの評価ポイント]の最小値(MIN)も[85]以上の場合は「真(TRUE)」となり「A」を返します。
「偽(FALSE)」の場合、以降順次評価をすすめていきます。最終的に、
[3つの評価ポイント]の最小値(MIN)が[50]未満の場合、TRUE,$B$14 で「E」を返します。

「OR」の使用例については省略します。

スポンサーリンク
Amazonクーポンを利用してお得に購入!

Amazonギフト券のご利用ならこちらからどうぞ!

Amazon プライム会員なら特典がいっぱい!

Amazon Excel関連のおすすめ書籍へのリンク!

まとめ(おわりに)

以上、IFS 関数 について、使用例を使って解説しました。

くるみこ
くるみこ

「IFS 関数」は[IF 関数]の入れ子(ネスト)が分かりづらい、混乱すると感じている方が多いためにできたような感じですね。

一番最後に「TREU」を入れるのを忘れてしまわないようによく練習しておきま~す(^^;


★★★ ブログランキング参加中! クリックしてね(^^)/ ★★★

【今後の記事について】

今回の記事はいかがだったでしょうか。皆さまのお役に立てたなら幸いです(^^;
「汎用でだれでも使えて活用できるように考えてる」というポリシーで、記事を継続して書いていきたいと思っています。どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

過去記事のサンプルファイルをダウンロードできます

今回の記事で使用したサンプルの登録はありません。
過去の記事で使用したサンプルファイルをダウンロードできるようにページを設置していますので、こちら(このリンク先)からご利用ください

タイトルとURLをコピーしました