本ページには広告が含まれています。

日付時刻

Excel VBA関数

ExcelVBA DateSerial関数 年月日から日付を返す

Excel VBA の DateSerial 関数は、年,月,日を表す3つの数値から日付シリアル値 Variant (Date) を返します。使い方をサンプルコードを用いて解説。日付シリアル値はFormat関数でさまざまな変換が可能です。
Excel VBA関数

Excel VBA DatePart関数 日付の時間間隔を返す

Excel VBA DatePart関数は指定日付の時間間隔を返します。関数の構文や引数の設定や実際の使い方についてサンプルコードを使って具体的に解説します。例えば指定日付が年の通算何週目にあたるのかなどを表示させたりすることができます。
Excel VBA関数

Excel VBA DateDiff関数 2つの日時の間隔を返す

Excel VBA DateDiff関数は、2つの日時の間隔を指定する単位の数を計算して返します。関数の構文や引数の設定など実際の使い方についてサンプルコードを使って解説します。「日付リテラル」の使用や二重引用符で指定した場合の違いも解説
Excel VBA関数

ExcelVBA DateAdd関数 日時に期間を加算して返す

Excel VBA DateAdd 関数は、任意の日付や時刻に、指定した日付や時間の間隔を加算して返します。 設定した指定の日付や時刻に、時間や日数、月数、年数などを加えたり、差し引いたりする方法についてサンプルコードを使って解説します。
Excel VBA関数

Excel VBA Date関数 現在のシステム日付を返します

ExcelVBAのDate関数は、現在のシステム日付を返します。Date関数は引数がありません。戻り値のデータ型はVariant(Date)で"yyyy/mm/dd"の形式で表示されます。Dateの中身がシリアル値であることをサンプルで確認